1. TOP
  2. 見つけた! 美味しい安全食品
  3. これが抹茶の最高峰【BIO Rikyu 特A セレモニアル・グレード !】

これが抹茶の最高峰【BIO Rikyu 特A セレモニアル・グレード !】

 2018/01/14 見つけた! 美味しい安全食品
この記事は約 10 分で読めます。
霧深い山の茶畑と、黒いバックに綺麗な抹茶が降り注ぎ山になっている写真。最高級抹茶 セレモニアル ・グレードのイメージ

 

BIO Rikyu Organic の扱うオーガニック抹茶の最高峰

純粋 鹿児島産 有機抹茶

高貴なお茶会、「茶道」で使う抹茶です。

特 A セレモニアル ・グレード

 

その名の通り、高貴なお茶会などで点てられる「茶道」で使う抹茶です。が、BIO Rikyu Organic では茶道をやらない方にも飲んでいただきたい。世界的に抹茶のブームが来ていますが、ここまでの抹茶、しかもオーガニックのものは滅多に手に入りません。このブログにたどり着いたあなたは、最高の抹茶を、さほど高くない価格で手に入れられる恩恵に預かってください。

実は同じグレードの最高級抹茶、他店では 3,500円〜5,000/30g 程度で売られています。実際、それぐらいの価値があるものですが、BIO Rikyu Organic ではグッと価格を抑えてご提供中。

 

他店の価格画像(店名等、プライバシーがわからないよう保護されている)

某店の参考価格

 

茶道で使用、とは言ってもその催される会によって使う抹茶は様々。だいたいは良い抹茶を使う機会が多いようですが、さすがに ここまでのグレードのものはなかなか出会えません。茶道でも初心者や「お稽古用」には もっとグレードの低いものを使います。

さらに「オーガニックの抹茶」というのはほとんど出回っていないので貴重(BIO Rikyu では一部を除いてオーガニック抹茶のみ扱います)

 

高級そうな抹茶が湯呑みに入っている

 

日本では「お茶のうまみ」というものに こだわる方は多いけれど、「有機」には、あまり価値を置かれてきませんでした。ゆえに本格お茶会の席でも「オーガニックの抹茶」が使われるのはむしろ珍しいと言って良いでしょう。オーガニックを作ってもさほど評価されず、値段的にも高い値段をつけるのは難しい。有機のことより「うまみ」のことにだけこだわられる日本の現状では 生産者もやる気が出ません。

よってオーガニックの抹茶はなかなか市場に出てこない。

 

Rikyu Logo渋め

 

ところが近年、有機の抹茶生産量はグーンと伸びてきています。理由は、海外の需要が高まっているからです。
海外では お茶に限らず精肉、野菜、フルーツ、加工品に至るまで「オーガニックである」というのは非常に高い価値があります。

つまり近年の「有機抹茶 生産量」の伸びは、海外の要望に応えたものだったのです。

 

しかし今まで農薬の入っていた農地が、いきなり有機の農地に切り替わるはずもなく、大変な手間と時間とお金がかかるため「オーガニックの抹茶」は生産者が少なく、需要に供給が追いつかない状態になっています。その中でも、BIO Rikyu Organic の セレモニアル・グレード は農薬を散布する農地から遠く切り離され、霧深い山奥の農園でひっそりと大事に大事に育てられているので味わいが別格です。

 

抹茶 セレモニアル・グレード

 

碾茶(てんちゃ)の一番茶を使用

素晴らしい香りと色あざやかなグリーンに圧倒されます

粉の細かさも自慢(10~15ミクロン) これはかなりの細かさ。通常は30ミクロン程度の荒く挽いたものも多いです。細かいということは、お湯にも水にも溶けやすいということ。これ以上の抹茶は存在しない、と当社が自信をもってお薦めできる 最高級品です。

BIO Rikyu Organic 価格:30g  2,700 円(税込)

 

「商品ページへ」ボタン

 

碾茶(てんちゃ)とは ?

※抹茶の原料である碾茶(てんちゃ)は、収穫前に少なくとも20日以上被覆(ひまく)してうまみと色を際立たせます。

抹茶の原料である碾茶(てんちゃ)は、茶摘みの少なくとも20日前までに、直射日光に当たらないように黒い覆いをかける。こうすることで茶葉に甘みが増す。

 

てん茶、と聞くと春先の「花粉アレルギーに効く」と言うことで飲まれる甜茶(てんちゃ)を思い浮かべると思います。ネットで「てん茶」と検索しても 甜茶(てんちゃ)は出て来ますが、碾茶(てんちゃ)には なかなか出会えません。ほぼ、お茶の世界の業界用語です。しかし 抹茶を作るには、これが無いと始まりません。抹茶の原料が 碾茶(てんちゃ)なんです。

 

茶葉を摘む前に直射日光を遮断して、葉っぱが柔らかく、旨みが豊かになるように一定期間(20日以上)直射日光を遮断し、黒い幕で茶葉を覆います。また、煎茶などのように茶葉を揉む事もしません。覆い隠して箱入り娘のように大事に育てます。

それを粉に挽(ひ)くのですが、ほとんどは機械でやります。が、最高グレードのものだけは丁寧に石臼(いしうす)で挽くのです。なぜ、最高の物だけかと言うと、石臼(いしうす)に匂いがつくからです。安い茶葉を石臼で挽いたら、安い匂いがつきます。それでは困るので、最高級の物だけが石臼挽き(いしうすびき)となる栄誉を与えられるのです。そうやって大事に大事に細かく粉にされた「碾茶(てんちゃ)」が、

特 A セレモニアル ・グレード なのです。

だから、この抹茶だけは何から何まで特別扱いなのです。

 

BIO Rikyu Organic 価格:30g  2,700 円(税込)

 

「商品ページへ」ボタン

 

抹茶と粉末緑茶は違います

もちろん、BIO Rikyu Organic は他のグレードの抹茶も扱います。セレモニアル ・グレード ほどでは無いにしろ、他の販売店では「最高級扱い」の B グレード・プレミアム、すごく安くて気軽に飲める C グレード・リーズナブル。もちろん、どちらもオーガニック。完全有機の抹茶です。

 

完全有機の抹茶は、本当に生産量が少なく特にハイグレードのものは手に入りにくい。入ったとしても なかなかここで購入できる価格では買えないと思います。有機、とか高級、と書いてあっても、そこはいろいろですからね。でも、BIO Rikyu Organic は本気の本物ですよ。ぜひ、お試しあれ。

 

オーガニックに限らず抹茶は、今 世界の市場ですごく求められています。世界中に「抹茶カフェ」ができ始めていて、日本はちょっと遅れ気味です。なぜでしょう? 本場の国なのに・・・ 多分、日本で抹茶というと「茶道」のイメージが強く、一般の方が抹茶を飲むには敷居が高いのだと思います。作法、精神、道 という世界に近寄りがたいのでしょう。

 

しかし現代では、抹茶と茶道は、ひとまず切り離して考えましょう。もちろん茶道は素晴らしい文化ですが、茶道に興味があっても無くても、抹茶を楽しむ権利は誰にでもあります。もっと気楽に、自由に抹茶と触れ合ってください。

 

抹茶は、栄養豊富、美味しくて体によく ダイエット効果もあります。最近はスタバでもポピュラーになってますよね? あれはあれで楽しいですが「抹茶」というより「抹茶風味」なので、本物抹茶を飲む機会もぜひ、毎日の生活に取り入れてください。

 

海辺をランニングするスポーツ好きの少女

 

あなたが飲んでいるのは、本物の抹茶ですか?

「抹茶」という漢字は「粉末にしたお茶」を意味しますが、すべての粉末茶が純粋な抹茶というわけではありません。抹茶は先ほどからお話ししているように、抹茶専用の茶葉「碾茶(てんちゃ)」を原料にして一定期間直射日光を遮断して作る。手間暇がかかるので価格も高めですし、「日本国内での生産にも限りがある」わけですね。抹茶は生産量が少ないんです。

 

ところがところが、「世界中に今、有機抹茶が大量に出回り始めています」

なぜでしょう?
そう、某国の作ったものです。海外での「有機抹茶のニーズを見るや、アッと言う間に某国の有機抹茶が世界の市場を席巻しました」

かなり売れています。値段も安いですから。

さすが某国、商売がうまい! と、一瞬拍手したくもなりますが ちょっと待ってください。事態はそう単純ではありません。

 

まず、本当に有機なのか?

 

という疑問が残ります。世界市場にアッと言う間に出てきた某国産の抹茶です。そんなに簡単に抹茶(つまりの茶畑はできるものなのでしょうか? しかもそんな短期間のうちに。またそんなに大量にオーガニックの抹茶を生産できることも不思議。さらに変な文字や言い回しのパッケージで「From JAPAN」と入っていたりします。完全なバッタもんも平気で流通しているのです。

 

疑いたくはないけれど、「有機じゃないものがオーガニックとして出回ったり」「日本で作られていないのに 日本産」と言うシールが貼られ信用度が上がって売られていたり。

また、そもそも「本当に抹茶なのか?」と言う疑問のあるものが出回っているのです。

 

パウダー茶、粉末緑茶 というものが。

 

パウダー茶 ? そう、パウダー ティーです。

 

「抹茶」も「パウダー ティー」も、粉にしてしまえば あまり違いはわかりませんが、茶葉が違います。

 

「抹茶」も「パウダー ティー」も、粉にしてしまえば あまり違いはわかりませんが、茶葉が違います。 「抹茶」は 碾茶(てんちゃ)という抹茶専用の茶葉を使いますが、「パウダー ティー」は、普通の煎茶を粉にします。茶葉を覆うこともしないので、その分安く手に入ります。

粉末茶(パウダーティー)見た目は似ているが抹茶では無い

 

 

「抹茶」は 碾茶(てんちゃ)という抹茶専用の茶葉を使いますが、「パウダー ティー」は、普通の煎茶を粉にします。茶葉を覆うこともしないので、その分安く手に入ります。

「パウダー ティー」は抹茶ではありませんが、世界の市場に出回っているものは抹茶という表示で「パウダー ティー」が混じって平気で売られています。 違いをわかる人が少ないからです。 抹茶のお菓子などには「パウダー ティー」を使っているものも多いです。お菓子やパンなら「抹茶風味」としてパウダーティーが使われているのも納得できますが、抹茶の箱に「パウダー ティー」が詰められていることには違和感を感じます。

 

抹茶を作るのに千円ぐらいかかるとしたら、パウダー茶は 200 円ぐらいで出来る感覚です。見た目は似ていても、恐竜とトカゲぐらいの差があります。味も違うし香りも風味も別物です。あなたが飲んでいるのは、本物の抹茶ですか? 激安のものには注意してくださいね。モノには適正価格があります。異常に安いものには裏があるのです。

 

そういういい加減なものが多く出回れば、結局 「日本産のオーガニックの信用は失墜し、抹茶の広がりも制限されてくる」でしょう。だから某国産のいい加減なものじゃ無く本物を届けたい。

一線を画す BIO Rikyu Organic特A セレモニアル・グレード を飲んでみてください。最初に最高峰に出会えば「本物を味わう舌」が出来上がります。高いものにはそれなりの理由があります。しかし高いと言っても何万円もするものではありません。お茶の時間、ちょっと良いものを飲んでリラックスするには最高の選択です。

その上、かなり価格を抑える努力をしています。

他のショップで同じグレードのものを見たら、30gで 4〜5千円 していました。

BIO Rikyu Organic の 特A セレモニアル・グレード は、30g  2,700 円(税込)です。値段を抑えるため、見栄えのいい缶にも入れず、シンプルに銀のジッパー付き袋に入れました(ゆくゆくは缶入りも発売されますので、ご贈答にも適します)

いかがでしょうか。こういう日々の暮らし中に 最高級の抹茶を取り入れる贅沢、アリじゃないですか ?

 

抹茶 セレモニアル・グレード

 

BIO Rikyu Organic 価格:30g  2,700 円(税込)

 

「商品ページへ」ボタン
関連記事:抹茶を飲みながら、美味しいドライフルーツ

↓ ↓ ↓ ↓

(有機)農家が本当に作りたかった ドライ・フルーツ

 

Rikyu  CLUB(リキュウ クラブ) 会員募集!

↓ ↓ ↓ ↓

Rikyu CLUB【リキュウ クラブ 仲間募集 !】

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

BIO Rikyu Organic〜最高級抹茶とオーガニックで美しく健康に〜の注目記事を受け取ろう

霧深い山の茶畑と、黒いバックに綺麗な抹茶が降り注ぎ山になっている写真。最高級抹茶 セレモニアル ・グレードのイメージ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BIO Rikyu Organic〜最高級抹茶とオーガニックで美しく健康に〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

BIO Rikyu紹介 BIO Rikyu一覧

Rikyu

この人が書いた記事  記事一覧

  • 4,900 円からスタートするオーガニック生活

  • オーガニックと美しい地球を守ろう

  • 抹茶と粉末茶 見た目同じなのに、ぜんぜん違う

  • 抹茶のカフェインについて

この記事を読んだ人には、これもオススメ!

  • 料理引き立つ【ゴールデン・ジンジャーパウダー】

  • (有機)農家が本当に作りたかった ドライ・フルーツ